古典 一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

ようやく応仁の乱が注目を浴びる時代が来たか

応仁の乱が注目を集めているらしい。 中公新書「応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱」(著者呉座勇一)がその火付け役となったようだ。 ...

記事を読む

生きながら霊界と行き来したと思われる歴史上の人物たち

生きながら霊界と行き来したと思われる歴史上の人物たち

霊能力者と呼ばれる人は(真実かどうかはともかく)世間に多く存在しますが、その多くは霊視、霊媒など何らかの特殊な能力によって不可思議な現象を起...

記事を読む

「二つの世界はそのまま一つ」~鈴木大拙「仏教の大意」より

「二つの世界はそのまま一つ」~鈴木大拙「仏教の大意」より

欧米のニューエイジムーブメントにおいて、「二人の鈴木」といえば、一人はサンフランシスコ禅センターを設立した曹洞宗の鈴木俊隆、そしてもう一人は...

記事を読む

「一命、二運、三風水、四積陰徳、五讀書」は大切だが気にしすぎるのもよくない。

「一命、二運、三風水、四積陰徳、五讀書」は大切だが気にしすぎるのもよくない。

一命 二運 三風水 四積陰徳 五讀書 誰が言ったか知らないが、中国の古い格言です。 一に天命に従って生き、二に地の運勢を知り...

記事を読む

「二虎競食と駆虎呑狼」荀彧から学ぶビジネスセンス~横山光輝「三国志」より

「二虎競食と駆虎呑狼」荀彧から学ぶビジネスセンス~横山光輝「三国志」より

横山光輝「三国志」より、ビジネスシーンで応用できる名シーンや名言を紹介します。 今回は曹操の名参謀である荀彧(ジュンイク)が献策するシ...

記事を読む

大河ドラマ「黄金の日々」より~織田信長の名セリフ

大河ドラマ「黄金の日々」より~織田信長の名セリフ

強いカリスマと先見性。戦国の世を統一へと導いた実績。そして非業の死。 そのドラマチックな生涯と人物像から日本人の心を惹きつけ、日本史上の人...

記事を読む

NO IMAGE

至高の大河ドラマは「花の乱」である。異論は認めない。

NHK大河ドラマ「真田丸」が好調らしい。 一部からは現代ドラマのような軽い演出を酷評する声もあるが、視聴率は好調をキープしているようだ。 ...

記事を読む

白玉の何ぞと人の問いし時~「伊勢物語」第六段・芥川より

白玉の何ぞと人の問いし時~「伊勢物語」第六段・芥川より

伊勢物語は、平安時代初期の百二十五段で構成された歌物語。 作者不詳で男女の恋愛を中心に描かれた物語は、恋多き超絶イケメンだった...

記事を読む

江戸時代のサラリーマン川柳

江戸時代のサラリーマン川柳

毎年話題に上るサラリーマン川柳。 社会情勢や世相の風刺や、職場や家庭生活での悲哀を五・七・五の韻に乗せた巧みな表現に、思わず苦笑いした...

記事を読む

古代のキラキラネーム?~律令時代(奈良・平安)の風変わりな名前

古代のキラキラネーム?~律令時代(奈良・平安)の風変わりな名前

キラキラネームの児童は夜間受診が多い?日赤和歌山の元研修医が調査…「結論に飛躍」の意見も(産経WEST) 記事によれば、~救急外来を訪...

記事を読む

スポンサーリンク
adsense
adsense
1 2 3