新・必殺仕事人-第1話~「主水腹が出る」~名セリフ集

新・必殺仕事人 1981年5月~1982年6月放送

ヒットした「必殺仕事人」の続編シリーズ。
前シリーズから主水、秀、加代の仕事人チームに加え、人気キャラクターとなる三味線屋の勇次と母おりくが登場。
第13話からはオカマキャラの筆頭同心田中も登場し、後に続く後期「必殺」のフォーマットが完成したシリーズ。

第1話「主水腹が出る」より名セリフ集

無題4

主水

裏の稼業はあれっきり足洗っちまった。

秀は真っ当な飾り職人。おれは八丁堀の昼行燈。

日なたでのんびり昼寝してる間に、なんだか腹まで出っ張ってきちゃってな。

相も変わらず婆あやかかあに馬鹿にされてる毎日だ。

今度はやられる。今度こそやられると。

背筋がそそけ立つような生活からは足を洗ったんだよ。

二度と戻る気はねえんだ。

裏稼業から足を洗って三年。主水と秀のもとに、江戸を離れていた加代が舞い戻ってくる。
再び稼業を再開しようと持ち掛ける加代だが、気の抜けてしまった二人は耳を貸さない。

三味線屋に妙にこだわってたのが気になって行ってみたんだが、八丁堀。

野郎、俺たちとご同業だぜ。

三味線の張り替えを営むおりくと勇次。その正体は凄腕の仕事人親子だった。
勇次と秀の川べりでの緊張感あふれる初対面シーンは必見。

無題5

おりく

なるほどねえ。町方なら人の弱みを握るのに不自由はない。

でもねえ旦那。それで強請りにかけるとは、ちいとあこぎが過ぎやしませんか。

謎の人物から過去をネタに強請られるおりく。お金の受け渡しの場に現れた主水を首謀者だと勘違いする。

升屋太兵衛

鬼?そうかもしれんな。だが私はこれが楽しいのだ。

始めのうちはなんだかんだと虚勢を張っても、とどのつまりはみんな私の思いのままになる。

升屋太兵衛

こうなったら私の損はお前に払ってもらう。なかったらお前が作れ。

お前も元は女郎だろう。亭主の一人や二人、舌先三寸で転がすくらい朝飯前のはずだ。

いかにもな感じの悪役の強請り屋、升屋太兵衛を綿引勝彦が好演。

勇次

何を話されたのか、もう忘れちまったよ。

あんたはおれを育ててくれた。叱ってもくれた。寒い日は懐の中に入れてもくれた。

何をやろうが、あんたはおれのおっ母さんだ。違いますかい?

勇次に過去を打ち明けるおりく。仲間を売った勇次の父親を殺したのはおりくだった。
真実を知っても変わらずおりくを慕う勇次。

主水たちと三味線屋のふたつの仕事人チームが反目しながらも共同で仕事をする新・必殺仕事人第一話。魅力的な新キャラクターも登場し見ごたえありです。

スポンサーリンク
adsense
adsense
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
adsense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です