ビジネスシーンで使えるマンガ名言集~「アキラ」大佐編

今回は大佐の名言を紹介したいと思いますが、大佐といってもムスカ大佐ではなく、「アキラ」に登場する大佐(敷島大佐というらしい)です。

かつて東京を崩壊させ地下に冷凍封印されているアキラを巡って、暴走族や軍、ゲリラなど各勢力が入り乱れるストーリーの中、一人強固な信念をもってアキラの暴走を抑えようとする軍の責任者「大佐」は物語を通じて大きな存在感を放っています。

軍人らしく厳格で実直な彼のセリフには、ビジネスシーンでも使える言葉がたくさんあります。

「アキラ」大佐のビジネスシーンにも使える名言集

このォ役立たずめらがァ!   (「AKIRA」第1巻より)

012 (2)

部下のミスを責める時に使えるセリフです。
思い切り机を叩きながら怒鳴るとより効果的です。

止めんかァ!   (「AKIRA」第1巻より)

015 (2)

同僚や部下の争いや社内の揉め事を仲裁するときに大声で使いましょう。

思い上がるな!貴様ら科学者の実験のために何千万の人間の命を賭けられるか!   (「AKIRA」第2巻より)

017 (2)

会社の技術部門が暴走しそうな時などに使えます。

アホ共が!   (「AKIRA」第3巻より)

022 (2)

会議や交渉が決裂した時の捨てゼリフに使いましょう。ポイントはドアを叩きつけるように閉めながら言うことです。

馬鹿モノ 走れっ   (「AKIRA」第2巻より)

黙れ!言葉などいらぬ。走れ!   (「アキラ」第3巻より)

019 (2)

部下に迅速に仕事を遂行させるために使えます。特に新入社員に対して使いましょう。

見てみろ…この慌てぶりを…。怖いのだ…怖くてたまらず覆い隠したのだ…。
恥も尊厳も忘れ…築き上げて来た文明も化学もかなぐりすてて…。
自ら開けた恐怖の穴を慌てて塞いだのだ…。   (「AKIRA」第1巻より)

014 (2)

社内の不正の隠ぺいを発見したときに呟きましょう。

 …そうわしを責めんでくれ…   (「AKIRA」第4巻より)

025 (2)

責任追及をかわしたい時に、弱々しく呟くと効果的です。

いかがでしたでしょうか?大佐は軍人らしく厳格で、部下に対しても大声で叱責します。

一般企業なら労働基準監督署から指導が入りそうなレベルで、上司にしたくないタイプに見えます。

しかし実は組織のトップや管理職に向いている人物ともいえます。

彼が厳格に見えるのは「仕事」に対して高い目的意識を持ち、部下にもそれを望むからであり、そのブレない姿勢は上司としては理想的なのかもしれません。作中にも彼の高い人望を窺わせるシーンも。

大佐の言葉をビジネスシーンで活用すればあなたも部下から畏敬の眼差しを集められるかも?

スポンサーリンク
adsense
adsense
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
adsense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です