ありがとう水木先生!心よりご冥福をお祈りします。

11月30日、漫画家水木しげる先生が永眠されました。

以前の記事でも書かせていただきましたが、93歳にしてまだまだお元気な様子をメディア等で拝見していましたので、突然の悲報に驚きました。

僕はただの一ファンで、先生の膨大な作品の一部しかまだ読んでいませんが、子供のときに水木作品に触れたときの不思議な感覚は記憶の中に残っているし、今でもその感覚を楽しみに時々読んでいます。。

水木先生の漫画はただ面白いとか怖いとかいうのではなく、人が根源的に持っている、闇とか未知とかに対する恐怖まじりの好奇心(怖いモノ見たさ?)を刺激されると同時にどこか底が抜けたようなおかしさもあり、妙にハマります。

子供のころ、暗い部屋の中で「悪魔くん」のページを恐る恐る開いて読んでいたのを鮮明に思い出します。

そして漫画作品もそうですが、メディア等で水木先生の人柄に触れるたびに似たような妙なおかしさを感じていました。
93歳という高齢で天寿をまっとうされたと思いますが、ご自身でも半分妖怪化していると言っておられた水木先生はもしかしたら半永久的に生きるのではないかと思っていたので、一ファンとして込み上げてくるのは悲しさというより寂しさです。
と同時にその偉大すぎる足跡に敬意と感謝を表さずにはいられません。

水木漫画を世の中に残してくれてありがとうございます!心よりご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク
adsense
adsense
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
adsense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です