巨星堕つ!プリンス死去の衝撃~死因は過労か~

先週末、世界中に衝撃的なニュースが駆け巡りました。

アメリカ音楽界の巨星プリンスが死去。
4月22日、自宅のあるペイズリーパークで彼の遺体で発見されました。57歳の若さでの急逝。

私はプリンスが改名して船のイカリのような奇妙なシンボルマークで活動していた(The Artist Formerly Known as Princeと呼ばれていた)1990年代半ばからのニワカファンですが、このニュースには衝撃を受けました。

その報道以降、彼の死因については薬物の過剰摂取や自殺など、様々な憶測が飛び交っていました。
アメリカのミュージシャンの急逝というと、どうしてもドラッグとか自殺が連想されてしまいます。

しかし今週になって、死の前まで彼は154時間眠らずに作業していたらしいことがわかりました。また死の一週間前にはインフルエンザで病院に行っていたらしいです。

警察も”自殺の形跡はない”としていますし、はっきりしたことは不明ですが、過労でしょうか。

154時間というと、日数で言えば6日とちょっと。
私の最高記録は大学生時代でぜいぜい50~60時間程度。しかもそれで限界を迎えてファミレスのトイレでぶっ倒れてしまうという始末。

6日間不眠で作業するなんてことが可能なのでしょうか。しかも57歳で。

プリンスといえば精力的に音楽活動していたイメージがありますが、無理が祟ってしまったのかもしれません。

心からご冥福をお祈りします。

彼がストックしているという膨大な未発表の楽曲は、今後、日の目を見ることがあるのでしょうか?

スポンサーリンク
adsense
adsense
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
adsense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です